2020年11月13日

女性のための働き方改革!生理快適プロジェクト

皆さん、こんにちわ。今日は、「女性のための働き方改革!生理快適プロジェクト」についてお話します。あすか製薬、バイエル薬品、富士製薬工業の3製薬会社により発足した当プロジェクトですが、11月10日(火)にオンライン・メディアセミナー(zoom)を開催し、女性の働き方と生理問題についての講演が行われました。

生理は、お腹がいたくなったり、頭痛がしたり、吐き気やめまいがしたり、イライラしたりと、いろいろな健康問題を引き起こしています。働く女性にとっては厳しいですが、生理が辛くて会社を休むというのは、企業はあまり快く思わないんですよね。正直、仕事が回らないですから。

今回の講演ではそうした問題に、女性や社会がどう取り組むかを伝えています。

1. 日経BP総研メディカルヘルスラボ 上席研究員 黒住紗織
「女性の働き方改革を阻むのは、つらい生理とリテラシー不足」

2.聖路加国際病院 副院長 百枝幹雄先生

「働く女性の月経困難症 その課題と対策〜少子化時代の現代女性は、毎月、月経が必要なのか〜」

低用量ピルなど女性も働きながら生理と向き合う努力をしてもらい、また、企業もそうした女性の辛さと向き合うことで働きやすい職場にして欲しいと思います。

『女性のための働き方改革!「生理快適プロジェクト」』始動! 〜女性の体と生理を知り、女性が働きやすい社会を実現する〜

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

posted by piyokorin at 15:47| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: